研究者の方へ
研究倫理

組換えDNA実験

組換えDNA実験安全委員会の主な役割

組換えDNA実験安全委員会は、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年法律第97号)、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律施行規則(平成15年財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・環境省令第1号)及び研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令(平成16年文部科学省・環境省令第1号)その他の遺伝子組換え生物等に関係する法令により、本学における組換えDNA研究の推進及び教育の充実を図ることを目的として設置されました。学長の諮問に応じて、実験の審査等の事項について、調査、審議、助言又は勧告すること、及び推進のための学内講演会を毎年開催しています。


作成
下記の申請書等
提出
各学部事務室
審査
学部等委員会
審査
(大臣承認等の場合)
組換えDNA安全委員会

・組換えDNA実験規程(和文)

・組換えDNA実験規程施行細則(和文)


申請書等

申請書類提出上の注意点

・実験責任者は、組換えDNA実験に関し、申請をする必要がある場合には、必ず下記の申請書等を作成し、学部等委員会の審査を受けてください。

・実験計画書等は学部等委員会・組換えDNA安全委員会で審査され、審査結果は実験責任者に通知されます(承認までに時間がかかる場合もありますので申請に当たっては時間に余裕をもって準備をしてください)。

・実験は、承認通知を受けてから開始してください。

設置・変更 組換えDNA実験室等(設置・変更)承認申請書(様式1) PDFWORD
申請書 組換えDNA実験計画書(第二種使用)(様式2)
(別紙(実験従事者)を含む)
PDFWORD
終了(中止) 組換えDNA実験終了(中止)報告書(様式3) PDFWORD
譲渡等 遺伝子組換え生物等の譲渡等の情報提供に関する調書(様式4) PDFWORD
輸出・輸入 組換えDNA実験に係る輸出・輸入届出書(様式5) PDFWORD

産官学連携のお問い合わせ